ANAカードのおすすめは?フローチャートで簡単に分かる申込先とマイルの貯め方

大手航空会社ANA(全日空)と提携を結んだクレジットカードが「ANAカード」。

年会費こそ発生しやすいものの価値の高い「ANAマイル」を貯められるということで、長きにわたって多くの人からの支持を集めています。

今回はそんなANAカードの基本的な特徴、そして数多くのANAカードの中からあなたに合った1枚を選ぶ方法について、可能な限り分かりやすくまとめてみました。

続きを読む

ANA一般カードのおすすめはフローチャートで簡単チェック!2倍コースの損益分岐点も解説

ANA一般カードは、名前通り最もスタンダードな「ANAカード」。

高いマイル還元率(1.0%)を達成できることもあり、「日常の決済でANAマイルを貯めたい」という方にとっては有力なメインカード候補となってくれることでしょう。

今回はそんなANA一般カードの特徴や注意点、そして申込先の選び方を中心に、可能な限り分かりやすくまとめました。

続きを読む

ANA VISA Suicaカードのメリット・デメリットを徹底解剖!モバイルSuicaとの併用も

ANA VISA Suicaカードとは名前通り、Suica機能が付いたVISAブランドのANAカードです。

  • 日常の決済で効率よくマイルを貯める
  • Suicaの機能やオートチャージを行う

という2つの目的を1枚で達成できることから、ANAマイルを貯めたいSuicaユーザーにとっては便利なカードと言えるでしょう。

ただしこのカードは、他のANAカードに比べ一部機能やサービスが制限されているという懸念も存在します。

今回はそんなANA VISA Suicaカードについて、メリット・デメリットの両面から忖度なしにまとめました。

続きを読む

ANA VISA nimocaカードを福岡市民が徹底解説!特典に対するデメリットとその回避法も

「ANA VISA nimocaカード」とは、名前通りnimoca機能、そしてnimocaオートチャージ機能が付いたANAカード。

価値の高いANAマイルを貯めながら西鉄のバスや電車等を便利に使用できるということで、「マイルを貯めたい西鉄等のユーザー」にとっては非常に高機能なカードです。

…が、必要な年会費の負担や他のANAカードとの差異を考えると、このカードの良い点ばかりを強調することはできません。

今回はそんな「ANA VISA nimocaカード」を、メリット・デメリットの両面から詳しくまとめました。

続きを読む

ANAのゴールドカードとは?6種の比較と一般カードとの損益分岐点|気になる改悪も解説します

ANAのゴールドカードは、最低でも15,400円の年会費を要求する代わりに一般カードよりも充実した特典やサービスが適用されるクレジットカード。

それでは実際に、年会費を支払ってでもこのカードを選ぶべきはどういった方なのでしょうか?

今回は一般カードとの違いや損益分岐点、そして6つのカードの比較と選び方まで、「ANAのゴールドカード」に関する情報を詳しくまとめました。

続きを読む

ANAのプラチナカードのメリットとは?4ブランドの比較とSFCの条件も詳しく解説

ANAカードの最上位にあたるプレミアムカード(プラチナカード)。

その年会費は最低77,000円からと到底誰でも手を出せるものではありませんが、コストが大きい分、そのサービスの内容には目を見張るものがあります。

今回は当サイトに寄せられたリクエストにお応えする形で、ANAのプレミアムカード(プラチナカード)の特徴やメリット、そして各ブランド間の違いを、可能な限り分かりやすくまとめました。

続きを読む

ソラチカカードのメリット・デメリットとは?ゴールドカードとの損益分岐点も詳しく解説

ソラチカカードの愛称で親しまれる「ANA To Me CARD PASMO JCB」

ソラでもチカでもお得、ということでこちらは大手航空会社ANA(全日航)と、東京メトロがどちらもお得になるクレジットカードです。

カードとしての基礎スペックも高いため、「たまにでも飛行機を利用する機会がある東京メトロユーザー」にとっては、非常にお得なメインカード候補となってくれるでしょう。

今回はそんなソラチカカードの特典や、一般カード・ゴールドカードとの違い、その他利用上の注意点などを分かりやすくまとめました。

続きを読む

ANAアメックスとは?特典・問題点やゴールドカードとの損益分岐点も詳しく解説

ANAアメックスこと「ANAアメリカン・エキスプレス®・カード」は、名前通りアメリカン・エキスプレスブランドのANAカードです。

  • 最大30,000マイル相当がもらえる入会キャンペーン
  • 同グレードの別ブランドのカードより年会費が高い(実質14,300円)
  • 何となくレア感・プレミア感があるアメックスブランド

といった理由から、このカードに興味を抱いている方は少なくないでしょう。

結論から言うとこのANAアメックスは、「コスパ良好とは言えないものの、確かに旨味のある1枚」です。

今回はそんなANAアメックス(ゴールドカードを含む)の特典や問題点、その他のANAカードとの違いなどを分かりやすくまとめました。

続きを読む