スタバで使えるクーポンとお得なクレジットカード情報!18.6%還元の裏技も

今や全世界で人気を博するシアトル発のカフェチェーン「スターバックス」。

長居しやすい環境や見た目も可愛い商品も相まって、よく利用するという方も多いでしょう。

今回はそんなスターバックスを、今よりお得に利用する方法について分かりやすくまとめました。

目次

スターバックスで今すぐ使えるクーポンはある?

まずは気になる、「スターバックスで使えるクーポン」情報について見ていきましょう。

公式アプリなどは「いつでも使えるクーポン」を発行していない

結論から言うと、スターバックスは突発的にクーポンを利用することが難しいお店です。

公式アプリをインストールしても「すぐに使えるクーポン」は提供されていませんし、「クラブオフ」などの福利厚生サービスも、スターバックスを優待の対象としていません。

たまにQRコード決済アプリがクーポンを発行している場合はあるものの、そちらも期間限定のサービスであり、いつでも利用できるとは限りません。

au PAY公式サイトより、過去に実施されたキャンペーンの例

セゾンローズゴールド・アメックスの会員は毎月500円分のクーポンを受け取れる

基本的に「いつでも使えるクーポン」が存在しないスターバックスではあるものの、例外と呼べる存在が無いわけではありません。

もしもあなたが「セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」というクレジットカードに入会したなら、毎月500円分の「スターバックス ドリンクチケット(eGift)」をもらうことが可能です。

さらに最短6ヶ月ごとに、「お食事券」「高級グルメのカタログギフト」などのプレゼントをもらえることから、いわゆるQOLを上げたい方にはピッタリのカードと言えるでしょう。

ただし「セゾンローズゴールド」を利用するためには、月980円の料金(年あたり11,760円)が掛かります。

セゾンローズゴールド・アメックスの詳細を見る
年会費
11,760円相当
※月980円の月会費制
基本還元率
0.5%
国際ブランド
American Express
還元ポイント
永久不滅ポイント
発行元
株式会社クレディセゾン
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
※男性も申込み可
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • スターバックス ドリンクチケット(eGift/500円分)が毎月もらえる
  • 毎月1万円以上カードを使うと「スタンプ」がもらえる
    スタンプを6個貯めるごとに「お食事券」「高級グルメ」などのプレゼント
  • 対象のヨガスタジオ、美顔器メーカー、コスメ、お食事や香水のサブスクなどで優待
  • 対象のレジャー施設やサブスクサービス、飲食店などで優待 

スターバックスがもっとお得になる「スターバックスカード」とは?

スターバックスをお得に利用するため、必須ともいえるのが「スターバックスカード」です。

ここからは、スターバックスカードの機能やメリットについて解説していきます。

スターバックスカードをすでに持っているのでこの項目を飛ばす

スターバックスで使えるプリペイドカード(チャージ式カード)

スターバックスカードとは、スターバックスで使える「チャージ式のプリペイドカード」です。

スターバックスで使えるSuicaやnanacoのようなサービス、と考えると分かりやすいでしょう。

このプリペイドカードがあれば、スターバックスの利用実績を積むことで、「ドリンクやフードのプレゼント」をはじめとする嬉しいサービスを受けられます。

ちなみに現在、スターバックスの名前を冠する「クレジットカード(後払い式のカード)」は存在しません。

スターバックスカードは店頭やアプリ上で受け取れる

スターバックスカードは、スターバックスの店頭で無料でもらうことができます。

店舗に出向いて店員さんに、「スターバックスカードを頂けますか」と伝えることで、新しいカードを入手できるでしょう。

スターバックスカード自体は無料なものの、店頭で発行する際には同時に1,000円以上をチャージする必要があります。
店頭では、現金またはクレジットカードを使ったチャージが可能です。

▲スターバックスカードのデザイン例

また、現在スターバックスカードをお持ちでない場合は、スターバックスの公式アプリ上で「デジタルカード」を発行することも可能です。

デジタルカードの場合は、お会計の際にアプリを開き、店員さんにバーコードを提示する形で支払いやチャージを行います。

▲デジタル スターバックス カードのイメージ

画像引用元:スターバックス公式サイト

My Starbucksに登録してお得な「スターバックス® リワード」に参加しよう

スターバックスで優待を受けるためには、、公式サイトから「My Starbucks」という会員サービスに登録しましょう。

ここで会員登録を済ませ、お手持ちのスターバックスカードを登録すると、「スターバックス® リワード」というスターバックス独自のポイントサービスに参加できます。

もちろんMy Starbucks、スターバックス® リワードともに無料で登録が可能です。

デジタル スターバックスカードを取得する場合には、カードの取得前に「My Starbucks」に登録する形となります。

「Star」を貯めてドリンクやフード等と交換ができる

スターバックス® リワードに参加すると、「スターバックスカード」での支払いを条件に、54円あたり1つの「Star」を貯められます。

そしてこのStarを貯めることで、フードやドリンクを無料でもらうことが可能となります。

Starの交換レート
30Stars有料カスタマイズ(店内価格55円)が無料
100Stars店内価格305円までのお好きなフードが無料
150Stars店内価格713円までのドリンクやフード、コーヒー豆などが無料
400Stars1,936円までのコーヒー豆やオリジナルグッズとの交換が可能

700円のドリンクやフードと交換に必要な「150Stars」を貯めるのに必要な支払額は、8,100円です。700円のドリンクであれば、約11.5杯分に相当しますね。

スターバックスを1ヶ月に1回程度利用するのであれば1年に1回程度、無料でドリンクやフードを手に入れられるかもしれません。

年に250Stars以上を獲得した場合は「Gold会員」となり、「スターバックスからのサプライズプレゼント」などの受取りが可能となります。
250Starsを獲得するのに必要な支払い額は年13,500円です。

参考元:Starbucks公式サイト「Starbucks® Rewards」

スターバックスカードの「チャージ」で特別な優待を受けられるクレジットカード

スターバックスカードは、クレジットカードを使ってチャージ(オンライン入金)が可能です。

そしてスターバックスカードへのチャージの際、特別なポイント優遇を受けられるクレジットカードは少なくありません。

ここからは、スターバックスユーザーが持っておきたい「スタバでお得なクレジットカード」を、それぞれ紹介していきます。

スターバックスでお得なクレジットカード
JCBゴールドJCBカードWセゾンゴールドプレミアムdカードJALカードANAカードエポスカード
デザイン
スタバ還元率 10.0%相当 5.5%相当 最大5.0%4.0%4.0%相当~4.0%相当~1.0%
年会費11,000円無料11,000円
※条件付き無料
無料実質7,150円実質7,700円~無料
基本還元率0.5%1.0%前後最大1.0%1.0%2.0%相当~2.0%相当~0.5%
特徴完全招待制カードに繋がる年会費無料で高還元コンビニやその他の喫茶店でも最大5.0%還元年会費無料で高還元
ポイントの使い勝手◎
飛行機に乗る機会があるならお得飛行機に乗る機会があるならお得マルイの10%オフに参加できる
初心者向け度
詳細

JCBゴールドはスターバックスカードへのオンラインチャージで10.0%還元

スターバックスカードへのチャージで、最も高いポイント還元を受けられるのが「JCBゴールド」(あるいはJCBプラチナなどのさらに上位のカード)です。

年会費は11,000円と高めなものの、

  • スターバックスカードへのチャージで10.0%相当のポイント還元
  • 最大1億円の、他社ゴールドカードと比べても優秀な付帯保険
  • 「JCBザ・クラス」などの完全招待制クレジットカードに繋がる将来性がある
  • アフターサービスに定評のあるJCB社発行

といった利点を持つことから、

  • スターバックスを最大限お得に利用したい
  • ステータス性や安心感に優れたカードがほしい

という場合には、ぜひチェックしたい1枚と言えるでしょう。

選べる美麗なカードデザインもポイントです!

こちらもチェック!
年会費
11,000円
(税込)
※初年度無料
基本還元率
0.5%※
国際ブランド
JCB
還元ポイント
Oki Dokiポイント
発行元
株式会社ジェーシービー
申込条件
20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
JCBタッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 【2024年9月30日まで】新規入会で最大30,000円キャッシュバック
  • 最大1億円の旅行保険が付帯、さらに航空機遅延保険なども付帯(利用付帯)
  • 全国20万ヶ所以上のお店やサービスで優待あり(クラブオフ)
  • Amazonでポイント還元率1.5%※
  • スターバックスカードへのチャージでポイント還元率10.0%
  • その他セブンイレブンやローソンなどでポイントアップ
  • 国内空港ラウンジサービス(無料)
  • 海外空港ラウンジサービス(35$/回)
  • お取り寄せグルメの優待
  • その他ライフスタイル特典、ゴルフ特典など

※最大還元率はポイントをnanacoポイントやJCB PREMOに交換する場合のもの


無料カードなら5.5%還元が可能な「JCBカードW」がベスト

年会費無料のカードを使ってスターバックスをお得に利用したいなら、「JCBカードW(plus L)」の選択がおすすめです。

このカードは39歳以下の方しか申し込めない代わりに、JCBカードの中では屈指の高還元率(1.0%相当)を実現させています。

またスターバックスカードへのチャージであれば、5.5%相当のポイント還元を受けることが出来るでしょう。

  • スターバックス以外で使っても高還元(1.0%相当)
  • アフターサービスに定評のある大手カード会社(JCB)発行
  • 「JCBカードW plus L」選択時であれば美麗なカードデザインを選択できる
  • Amazonやセブンイレブンなどでも優待あり

といった点に魅力を感じるなら、ぜひ申し込みたい1枚と言えます。

JCBカード plus Lのデザイン

▲「ピンク」デザイン

▲「ホワイト」デザイン

▲「M / mika ninagawa」デザイン

年会費
永年無料
基本還元率
1.0%※
国際ブランド
JCB
還元ポイント
Oki Dokiポイント
発行元
株式会社ジェーシービー
申込条件
18歳以上~39歳以下
海外旅行保険(利用付帯)
国内旅行保険
ショッピング保険(海外のみ)
不正利用補償
家族カード
ETCカード
JCBタッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 【2024年9月30日まで】新規入会で最大15,000円キャッシュバック
  • 39歳以下限定(40歳になっても継続利用可)
  • Amazonでポイント還元率2.0%※
  • スターバックスカードへのチャージでポイント還元率5.5%※
  • 最短5分でデジタルカードが発行される「モバイル即時入会サービス」対応
    (9:00AM-8:00PM申し込み完了時のみ適用/顔写真付き本人確認書類(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)による本人確認が必要です)
  • その他セブンイレブンやローソンなどでポイントアップ
  • 女性向けデザインを選べる「JCB カード W plus L」も選択可能

※最大還元率はポイントをJCB PREMOへのチャージやビックポイント等に交換する場合のもの


※「JCBカードW plus L」へもこちらのリンクから申し込み可能です。

セゾンゴールドプレミアムはスタバもセブン-イレブンもローソンも最大5.0%還元

セゾンゴールドプレミアムはスターバックスに加え、大手コンビニエンスストアやその他の喫茶店チェーンでも最大5.0%のポイントが還元されるカードです。

最大5.0%還元の対象店
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • スターバックス
  • 珈琲館
  • カフェ・ド・クリエ
  • カフェ・ベローチェ
  • マクドナルド

スターバックスをはじめとする、優待対象のお店を利用する機会があるのなら、とてもお得な1枚だと言えるでしょう。

また全国多数の大手映画館(TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマなど)にて、毎月3回、鑑賞料金が1,000円となる特典も見逃せません。

このカードの基本年会費は11,000円と高めですが、1回でも「年100万円」(月あたり83,333円)の決済を行うと、その後の年会費が無料となります。

独自のポイントサービスや優待特典に興味があるのなら、ぜひ検討したい申し込み先候補と言えます。

金属フィルムを熱転写する最新技術を用いた、高級感あるカードデザインも魅力的です!

こちらをチェック!
年会費
11,000円
※年100万円以上の決済で永年無料
基本還元率
0.5%
国際ブランド
VISA
JCB
Amex
還元ポイント
永久不滅ポイント
発行元
株式会社クレディセゾン
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 新規入会で最大11,000円キャッシュバック
  • TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマなどで映画鑑賞料金1,000円(月3回まで)
  • 年間利用額50万円ごとに0.5%(5,000円)相当のボーナスポイント付与
    (=実質還元率は最大1.0%)
  • セブン-イレブン、ローソン、スターバックスなどの対象店で最大還元率5.0%
    (年間利用額30万円以上、または前年度の利用額が60万円以上の場合)
  • ベネフィット・ステーション優待
  • STOREE SAISON 5%オフ
  • 国内空港ラウンジサービス
  • セゾンカード共通優待(レジャー施設、サブスクなど) 

dカードはどこで使っても1.0%還元&スタバで4.0%ポイント還元

dカードは年会費無料で高還元(1.0%)なクレジットカードです。

使い勝手の良い「dポイント」を効率よく貯められるため、カード初心者にもおすすめの1枚と言えるでしょう。

またdカードを使ってスターバックスカードへチャージを行うと、実に4%のポイントを獲得できます。

「簡単に使えてお得」なクレジットカードが欲しいなら、dカードは有力な申込先候補だと言えます。

スタバ以外での使い勝手の良さも重視したいのなら、ぜひチェックしたい1枚です。

年会費
永年無料
基本還元率
1.0%
国際ブランド
VISA
Mastercard
還元ポイント
dポイント
発行元
株式会社NTTドコモ
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
海外旅行保険※
国内旅行保険※
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay

※29歳以下限定

主な特徴と特典
  • 新規入会で最大2,000ポイントプレゼント
  • dポイントカード機能付き
    (=dポイント加盟店でいつでもポイント二重取り
  • 「iD」機能付き
  • マツモトキヨシなどのdカード特約店でポイントアップ
  • 「dカード ポイントモール」経由のショッピングでポイントアップ
  • dカードケータイ補償(1年間、最大1万円)
  • 5つのカードデザインを選択可能

JALカードは実質還元率2.0%~、さらにスタバでマイル還元率が2倍

JALカードは、一般のポイントサービスよりも価値が高い「JALマイル」を獲得できるクレジットカード群です。

JALマイルの価値は、航空券との交換を前提とする場合、1マイルあたり2円以上となることが珍しくありません。

そのためマイル還元率1.0%の「JALカード」を作れば、実質還元率2.0%~を達成できます。

実際のJALマイルの価値の計算例

2024年4月25日と同月26日の「羽田⇔福岡」便を、「大人一人・普通席・往復セイバー料金」の条件で取得する場合、

  • 通常の決済であれば合計42,969円~
  • JALマイルとの交換であれば16,100マイル~

つまりこの場合、16,100マイルは42,969円の価値を持っており、1マイル当たりの価値は約2.66円相当となる。

※必要料金・マイル数の参考元:JAL公式サイト

そしてJALカードのマイルが2倍貯まる「JALカード特約店」には、スターバックスカードへのオンライン入金(チャージ)が含まれています。

このことからJALカードを使うと、スターバックスにて実質4%以上の還元を達成できると分かります。

マイル還元率1.0%の達成条件について

JALカード(普通)にてマイル還元率1.0%を達成するには、有料オプションサービスである「ショッピングマイル・プレミアム」に加入する必要があります。

このサービスの年会費は4,950円ですが、マイルの価値の高さを考えると、多くの方にとって加入した方がよいと言えるでしょう。

ショッピングマイル・プレミアムへの加入を前提とすると、JALカード(普通)の合計年会費は7,150円となります。

(普通カードの基本年会費2,200円+ショッピングマイル・プレミアムの年会費4,950円)

現在20代の方は、20代限定の特典が適用されるJALカード、「JAL CLUB EST」をお選びください。
こちらもチェック!

▲2024年2月20日~の新デザイン

年会費
7,150円
※マイル還元率1%達成時
基本還元率
2.0%前後~
※マイルを航空券に交換する場合
国際ブランド
VISA
Mastercard
JCB
Amex
還元ポイント
JALマイル
発行元
三菱UFJニコス株式会社 他
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay(VISAの場合)
主な特徴と特典
  • 【2024年7月31日まで・JCBまたはOPクレジット限定】
    10万円以上の決済で2万円分の旅行券や北海道の海産物が当たる抽選キャンペーン実施中♪
  • 本来の年会費は2,200円(初年度無料)だが、マイル還元率1.0%の達成には「ショッピングマイル・プレミアム(年4,950円)」への加入が必要
  • カード入会または継続後の初回搭乗で1,000マイルプレゼント
  • JALのフライトマイル+10%
  • ファミリーマート、スターバックス、ENEOS、マツモトキヨシなどの特約店でマイル還元率2倍
  • 対象の空港内ショップや機内販売の割引
  • パッケージツアーやホテルニッコー & JALシティの割引・優待

ANAカードも価値の高いマイルを貯められる&スタバで還元率2倍

ANAカードもJALカードと同様、価値の高いマイルを貯められるクレジットカードです。

またJALカードと同様に、スターバックスカードへのチャージでマイル還元率が2倍となります。

ANAカードは年会費が高くつきやすいものの、

  • JALではなくANA(スターアライアンス系)のマイルを貯めたい
  • セブン-イレブンをはじめとする「ANAカードマイルプラス加盟店 」をよく利用する
  • ローシーズンを狙って飛行機を利用できる
    ※ANAはJALと異なり、航空券の交換に必要なマイルがシーズンに応じて変動します

といった場合には、こちらのカードを選んだ方が良いでしょう。

ANAカードの場合、マイル還元率1.0%を達成するために必要な年会費が「JCB」と「VISA・Mastercard」の間で異なります。
年会費
2,200円
(初年度無料)
基本還元率
2.0%前後~
※有料コース加入、かつマイルを航空券に交換する場合
国際ブランド
VISA
Mastercard
JCB
還元ポイント
ANAマイル
(各社ポイント経由)
発行元
株式会社ジェーシービー
三井住友カード株式会社
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 以下の有料コースに別途加入することでマイル還元率が0.5%→1.0%になる
    (※1年間マイル移行が行われなかった場合は追加年会費の請求無し
  • 【JCB】10マイルコース(年5,500円)
  • 【VISA、Masterard】2倍コース(年6,600円)
  • 【JCB限定!2024年6月末まで】新規入会で最大13,000マイルがもらえる
  • カードの継続で1,000マイルプレゼント
  • ANAのフライトマイル+10%
  • セブン-イレブン、スターバックスなどの特約店でマイル還元率アップ
  • 対象の空港内ショップや機内販売の割引

※特徴が異なるAmexカード(年7,700円~)は別途解説


マルイ10%オフのおまけとしてエポスカードを活用するのもアリ

エポスカードは年会費無料で入会できるクレジットカードの1つです。

このカードは主に、会員限定の「マルイ」10%オフセールである「マルコとマルオの7日間」の特典で知られています。

またエポスカードの会員は、スターバックスカードへチャージを行う際にいつもの2倍のポイント還元を受けられます。

とは言えエポスカード自体の基本還元率は0.5%と高くないため、ポイントが2倍となっても実質還元率は1.0%止まりです。

そのため基本的には、「マルイ10%オフのためにエポスカードを作ると、おまけでスターバックスを利用しやすくなる」程度に考えておくと良いでしょう。

こちらもチェック!
年会費
永年無料
基本還元率
0.5%
国際ブランド
VISA
還元ポイント
エポスポイント
発行元
株式会社エポスカード
申込条件
18歳以上(高校生を除く)
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
タッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 【2024年5月24日~6月2日に開催決定!】「マルコとマルオの10日間」中、マルイやモディでのお買い物が10%オフ
    マルイの通販サイト も10%オフの対象
  • 対象の飲食店やレジャー施設、イベントチケットなどの優待
  • 対象の舞台やコンサートで割引などの優待や先行予約
  • 継続利用でゴールドカードへ無料招待の可能性あり
  • キャラクターデザイン、コラボデザイン多数

【最大18.6%】スターバックスカードとクレジットカードでポイントを二重取りする方法

スターバックスカードの利用でもらえる「Star」は、クレジットカードのポイントとの二重取りが可能です。

ここからは、スターバックスカードとクレジットカードを組み合わせて、よりお得にスターバックスを利用する方法を解説します。

「JCBゴールド」「JCBカードW」などの特典付きカードでチャージ(入金)すると最大10.0%還元

スターバックスカードは、会員サイトを通したクレジットカードチャージ(入金)が可能です。

スターバックスカードへのチャージ時にポイント優遇を受けられるクレジットカードは意外と多いです。

特に顕著なのがJCBカードで、これらのカードを使いスターバックスカードへチャージを行うと、

  • JCBゴールド(年会費11,000円)であれば10.0%相当
  • JCBカードW(年会費無料)であれば5.5%相当

のポイントを受け取れます。

JCBゴールドの公式サイトへ

JCBカードWの公式サイトへ

クレジットカードを使いスターバックスカードに「オンライン入金」するには

クレジットカードを使いスターバックスカードへ「オンライン入金」(都度チャージ)する方法は以下の通りです。

My Starbucksにログインし「カード管理」の画面を開く

「入金」を選択

支払方法に「クレジットカード」を選択

チャージに使うクレジットカードの情報を入力
希望するチャージ金額を選択または入力

「次へ」を選んでチャージ完了!

オートチャージに抵抗がある場合は、残高が減ったタイミングで都度「オンライン入金」を行うと良いでしょう。

画像引用元:スターバックス公式サイト

クレジットカードを使いスターバックスカードに「オートチャージ」するには

スターバックスを定期的に利用するのであれば、「オートチャージ」の設定を済ませてしまうのも良いでしょう。

この場合、スターバックスカードの残高が一定以下となると、登録したカードから自動的にチャージが行われます。

クレジットカードを使い、スターバックスカードのオートチャージを行う方法は以下の通りです。

My Starbucksにログインし「カード管理」の画面を開く

「オートチャージ設定」を選択し、オートチャージを「ON」に切り替える



オートチャージを行う場合の「入金額」と、「入金条件」(残高がいくら以下になったらオートチャージを行うか)を選択する

支払いに使うクレジットカードを選択(または登録)する
「保存」ボタンを選択して設定完了!

入金額と入金条件は、1,000円単位で選択可能です。

JCBカードとスターバックスカードの組み合わせなら合計還元率は最大18.6%に

JCBカードを使いスターバックスカードに「オンライン入金」または「オートチャージ」を行うと、最大10.0%(無料のJCBカードWなら5.5%)のポイントが還元されます。

さらに、チャージした「スターバックスカード」を使って「スターバックス® リワード」会員の方が支払いを行うと、54円につき1の「Star」が付与されます。

Starは150貯めると700円相当のフードやドリンクと交換できるため、

  • 150Starsの価値は700円相当
  • 150Starsを貯めるために必要な決済額は150×54=8,100
  • 1.2より、8,100円を使うと700円相当が返ってくる
  • 700÷8,100=約0.086、つまりStarsの実質還元率は8.6%前後

と考えられます。

Starsの還元率8.6%と、JCBゴールドを使ったチャージ時の還元率10.0%を足すと、スターバックスでは実質18.6%程度の還元を受けられると言ってよいでしょう。

この数字は、700円のフラペチーノを購入するとおよそ98円分のポイント等が返ってくる(=実質602円でフラペチーノを買える)ことを意味します。

年会費無料の「JCBカードW」であっても、最大14.1%還元、つまり700円のフラペチーノあたり98円相当のポイント還元を受けられる計算となりますね!

スターバックスを利用する機会が多い方ほど、お得なクレジットカードと「スターバックス® リワード」を組み合わせて使いたいところです。

スターバックスで使えるキャッシュレス決済方法とその還元率の一覧

スターバックスで利用できる、「スターバックスカード」以外のキャッシュレス決済方法には何があるのでしょうか。

各支払方法の、還元率と併せて紹介します。

スターバックスで使える主なクレジットカードとその還元率

スターバックスでは、以下の主要国際ブランドのクレジットカードをすべて利用できます

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

またスターバックスは、各ブランドのタッチ決済にも対応しています。

「タッチ決済」機能付きのクレジットカードをお持ちであれば、クレジットカードを「かざすだけ」での支払いが可能です。

クレジットカード払いを行った場合の還元率は、カードの種類によって異なります。

ですがスターバックスの場合、直接カード払いを行うよりは「スターバックスカード」を経由した方が、実質還元率が高くなります。

スターバックスでお得なクレジットカード情報をもう一度見る
スターバックスでお得なクレジットカード
JCBゴールドJCBカードWセゾンゴールドプレミアムdカードJALカードANAカードエポスカード
デザイン
スタバ還元率 10.0%相当 5.5%相当 最大5.0%4.0%4.0%相当~4.0%相当~1.0%
年会費11,000円無料11,000円
※条件付き無料
無料実質7,150円実質7,700円~無料
基本還元率0.5%1.0%前後最大1.0%1.0%2.0%相当~2.0%相当~0.5%
特徴完全招待制カードに繋がる年会費無料で高還元コンビニやその他の喫茶店でも最大5.0%還元年会費無料で高還元
ポイントの使い勝手◎
飛行機に乗る機会があるならお得飛行機に乗る機会があるならお得マルイの10%オフに参加できる
初心者向け度
詳細

スターバックスで使える電子マネーとその還元率

スターバックスで使える電子マネーは、「Suica」をはじめとする交通系電子マネーです。

スターバックスで使える電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaka
  • manaca
  • TOICA
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

交通系電子マネーをスターバックスで使っても、原則としてポイントはもらえません(=還元率0%)。

ですが駅ビルに入っているスターバックスは例外的に、「Suica払いでJREポイントがもらえる」といった特例が設けられている場合があります。

店舗によっては交通系電子マネー以外の電子マネー(iD、QUICPayなど)を利用できる場合があります。

スターバックスで使えるQRコード決済アプリとその還元率

スターバックスで使えるQRコード決済アプリと、その還元率は以下の通りです。

スターバックスで使えるQRコード決済アプリ
サービス名基本還元率
PayPay0.5%
楽天ペイ1.0%
LINE Pay0%
d払い0.5%
au PAY0.5%

基本還元率が高いのは「楽天ペイ」ですが、楽天ペイのチャージ方法は「楽天銀行以外の銀行口座を使えない」など、やや限定的なものとなっています。

結局スターバックスで一番お得な支払方法は?

現在スターバックスで最もお得な支払方法は、

  • JCBカードWで「スターバックスカード」にチャージする(5.5%相当還元)
  • チャージした「スターバックスカード」で支払う(8.6%相当還元)

というもので、合計14.1%相当の還元を受けることができます。

さらに「JCBカードW」で貯めたポイントを航空会社のマイルに交換すれば、実質還元率はより高くなることでしょう。

その他、月会費をいとわないのであれば、毎月500円分のギフトカードがもらえる「セゾンローズゴールド・アメックス」を組み合わせてみるのも一考です。

こちらもチェック!

今回は「JCBカードW」を例に挙げましたが、JCBカードの代わりに

の還元を受けられます。

年齢制限を理由にJCBカードWへ申し込めない場合や、その他のカードを選択したい場合には参考にしてみてください。

余談:海外(ヨーロッパ)のスターバックスについて

▲Strawberry Açai(ストロベリーアッサイ) Starbucks Refresha®なる飲み物

私が約1年滞在していたウィーンの街にも、スターバックスは点在していました。

せっかくなのでその思い出を語っておくと、

  • 物価の分、価格は日本より高め。
    チャイラテのトールサイズがたしか4.40€(700円くらい)
  • ドイツ語圏なのに店員さんの英語話者率(外国人率)が高い
  • ドイツ語圏なのにメニューが全部英語(アメリカ感の演出?)
  • メニューにmatcha latteがある
  • 洗剤みたいな容器からビュッ!と原液を出して水道水と氷で割っているのがフツーに見える(ウィーンの水道水は美味しいけど…)
  • ウィーンの中心地のスタバの場合、席から馬車が見えたりする
  • Wi-Fi(W-LAN)はどのスタバにもある
  • 電源はどのスタバにもあるが、席によって使えたり使えなかったり
  • トイレは無料ながら(※マックは通常有料)、たまにやべートイレがある

というかんじでした。

アメリカは行ったことがないので分からないのですが、少なくともウィーンの場合、コンセントやWi-Fiを利用したい場合にスターバックスは心強い存在です。

また余談ですが、基本的にアイスコーヒーという概念が無いヨーロッパにおいて、アイスコーヒー(Cold Brew)が飲めるアメリカ資本のスターバックスは珍しい存在でしたね。

ウィーンの昔ながらの喫茶店(Kaffeehaus)やマックの通常メニューにおいて、冷たい珈琲やカフェラテって季節を問わず存在しないんです。日本人的には少しびっくりですよね。

スターバックスとクレジットカードについてのよくある質問と回答

ここからは、スターバックスにおけるクレジットカードの利用に関するよくある質問にお答えしていきます。

お探しの情報が見当たらない場合にはコメント欄やメールフォームなどからお気軽にご相談ください。

スタバでクレジットカード払いをする場合、サインは必要ですか?

サインは不要です。

スターバックスではクレジットカードのタッチ決済、またはカードリーダーへカードを挿し込む形で支払いが可能です。

スタバで使える支払える方法には何がありますか?

スターバックスで使える支払方法は以下の通りです。

  • スターバックスカード(プリペイドカード)
  • VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubブランドのクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなど
  • 交通系電子マネー(Suicaなど)
  • 一部のQRコード決済アプリ(PayPayなど)
  • 現金

この中で実質還元率が最も高いのは「スターバックスカード」で、その残高を「クレジットカード」でチャージすることで、ポイントの二重取りが可能となります。

スターバックスで使えるキャッシュレス決済方法とその還元率の一覧

【最大14.1%】スターバックスカードとクレジットカードでポイントを二重取りする方法

デジタルスタバカードの使い方・支払い方について教えてください。

デジタルスタバカードを使い、注文を行う方法は以下の通りです。

My Starbucksやアプリでチャージを済ませる
(チャージの方法についてはこちら
注文の際にスターバックス公式アプリを起動し、右下の「支払い」をタップ

表示されたQRコードを店員さんに提示する


チャージ残高が減って支払い完了!

チャージ残高が不足していると支払いができないため、アプリなどを通してあらかじめチャージ残高を確認しておきましょう。

スタバカードは何回でも使えますか?

はい、チャージすることで何度でも利用可能です。

スタバはApplePayやGoogle Payによる支払いに対応していますか?

VISAやJCBなどの「タッチ決済」を支払方法として登録しているApplePayやGoogle Payであれば、すべてのスターバックスの店舗で使用可能です。

ただし「iD」や「QUICPay」による決済への対応状況は、店舗によって異なります。

スタバでクレジットカードのタッチ決済を利用できますか?

はい、スターバックスは主要ブランド(Diners Club含む)すべてのタッチ決済に対応しています。

こちらもチェック!

スターバックスカードにチャージした残高に有効期限はありますか?

現在発行されているスターバックスカードに関して言えば、チャージした残高が失効することはありません。

つまり、チャージ残高に有効期限はありません。

スターバックスのStarsに有効期限はありますか?

はい、Starsには有効期限があります。

スターバックスのStarsの有効期限は、「付与から1年後の翌月1日まで」です。

例えば2023年の8月に獲得したStarsは、2024年の9月1日に失効します。

参考元:Starbucks®公式サイト

モバイルオーダーでクレジットカードを使えますか?

いいえ、モバイルオーダー&ペイを利用する場合、支払方法は「Web登録済みのスターバックスカード」に限られます。

モバイルオーダー&ペイとは、レジに並ばずアプリやWebで注文を済ませられるスターバックスのサービスです。

※クレジットチャージを行うことで、間接的にクレジットカードを使うことは可能です。

参考元:Starbucks®公式サイト「Mobile Order & Pay」

ドライブスルーでクレジットカードを使えますか?

はい、ドライブスルーではクレジットカードを含む、通常のレジと同様の支払方法を利用できます。

スターバックスカードに登録したクレジットカードを変更できますか?

はい、可能です。

「オンライン入金」または「オートチャージ」のメニューより、利用したいクレジットカードの変更を行いましょう。

名義人が異なるクレジットカードをスターバックスカードに登録できますか?

いいえ、スターバックスは名義が異なるカードの登録を認めていません。あらかじめご確認ください。

入金金額の支払に利用することができるクレジットカード等は、日本国内で発行されたもののうち当社が指定するものに限られ、カード管理サービス会員本人の名義である必要があります。

引用元:スターバックス公式サイト「カード管理サービスに関する利用規約」

オートチャージの金額を自分で設定できますか?

はい。

  • 残高が減ったとき、いくらチャージするか
  • 残高がいくら以下になったときチャージを行うか

の2点は、それぞれ1,000円単位で設定・選択が可能です。

クレジットカードが使えないスターバックスの店舗はありますか?

スターバックスは原則として、全店舗がクレジットカード決済に対応しています。

ですがショッピングセンター内の店舗などに関して言えば、「特定の国際ブランドを利用できない」といった例外が存在する可能性があります。

スターバックスとクレジットカードについてのまとめ

スターバックスとクレジットカードについてのまとめ
  • スターバックスでは「チャージしてお得」なクレジットカードと「スターバックスカード」を組み合わせることで、最大14.1%相当の還元率を達成できる
  • スターバックスはすべての主要国際ブランドとそのタッチ決済、一部の電子マネーやQRコード決済アプリに対応している

スターバックスでは、

  • 特別な優待を受けられるクレジットカード
  • スターバックスカード

を併用することで、最大18.6%相当という非常に高い還元率を実現できます。

定期的にスターバックスを利用するのであれば、今よりお得にフードやドリンクを楽しむ方法をぜひともチェックしておきたいところです。

年会費
11,000円
(税込)
※初年度無料
基本還元率
0.5%※
国際ブランド
JCB
還元ポイント
Oki Dokiポイント
発行元
株式会社ジェーシービー
申込条件
20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
不正利用補償
家族カード
ETCカード
JCBタッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 【2024年9月30日まで】新規入会で最大30,000円キャッシュバック
  • 最大1億円の旅行保険が付帯、さらに航空機遅延保険なども付帯(利用付帯)
  • 全国20万ヶ所以上のお店やサービスで優待あり(クラブオフ)
  • Amazonでポイント還元率1.5%※
  • スターバックスカードへのチャージでポイント還元率10.0%
  • その他セブンイレブンやローソンなどでポイントアップ
  • 国内空港ラウンジサービス(無料)
  • 海外空港ラウンジサービス(35$/回)
  • お取り寄せグルメの優待
  • その他ライフスタイル特典、ゴルフ特典など

※最大還元率はポイントをnanacoポイントやJCB PREMOに交換する場合のもの


年会費
永年無料
基本還元率
1.0%※
国際ブランド
JCB
還元ポイント
Oki Dokiポイント
発行元
株式会社ジェーシービー
申込条件
18歳以上~39歳以下
海外旅行保険(利用付帯)
国内旅行保険
ショッピング保険(海外のみ)
不正利用補償
家族カード
ETCカード
JCBタッチ決済
ApplePay
Google Pay
主な特徴と特典
  • 【2024年9月30日まで】新規入会で最大15,000円キャッシュバック
  • 39歳以下限定(40歳になっても継続利用可)
  • Amazonでポイント還元率2.0%※
  • スターバックスカードへのチャージでポイント還元率5.5%※
  • 最短5分でデジタルカードが発行される「モバイル即時入会サービス」対応
    (9:00AM-8:00PM申し込み完了時のみ適用/顔写真付き本人確認書類(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)による本人確認が必要です)
  • その他セブンイレブンやローソンなどでポイントアップ
  • 女性向けデザインを選べる「JCB カード W plus L」も選択可能

※最大還元率はポイントをJCB PREMOへのチャージやビックポイント等に交換する場合のもの


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です